アクリルの洗濯方法とは?縮みや伸びを防ぎ、毛玉を作らせないコツを徹底解説します。

ニットの中でも、アクリル素材はよく見かける素材ですよね。

ウールやカシミヤと比べて扱いやすいため人気ですが、注意するべき特徴も持っています。

今回は洗い方からお手入れ方法まで、アクリル素材の洋服との向き合い方を徹底解説!正しいケアで、お気に入りの洋服を長持ちさせましょう。

 

目次

  1. 縮む?毛玉は?アクリルの特徴
  2. アクリルの洗い方のポイントは?
  3. アクリルを手洗いする方法
  4. アクリルを洗濯機で洗う方法
  5. アクリル生地に乾燥機を使うと伸びる?干し方は?
  6. アクリル100%の服にアイロンがけはOK?
  7. アクリル衣類はブラシでお手入れ
  8. まとめ

 

1:縮む?毛玉は?アクリルの特徴

アクリルとは、ウールを真似て化学的につくられた合成繊維のこと。型崩れ/縮み/シワが起こりにくく、比較的洗濯しやすいのが特徴です。

セーターやマフラーなどの冬物の洋服や、ぬいぐるみや毛布などにもよく使われています。

欠点は毛玉ができやすい点。また静電気が起きやすく、空気中のホコリなどを引き寄せて汚れやすい一面も持っています。

また、高熱に弱く、お手入れ時には注意が必要です。



2:アクリルの洗い方のポイントは?

まずは洗濯表示を確認してください。

アクリルは洗濯に比較的強く、基本的には家で洗えるものがほとんど。

水洗い不可マークがついている場合は、水洗い不可マークは洗濯できない?ドライコースなら洗える?洗濯禁止の服のケア方法を詳しく解説!を参考に洗う、もしくは、クリーニングへ持ち込みましょう。

アクリルは高温に弱いため、使用する水の温度は40度以下を目安にしてください。

洗剤はシワやヨレ、毛玉ができにくいおしゃれ着用洗剤を使いましょう。

また、静電気を予防するために、柔軟剤(DAILY CONDITIONER / 柔軟剤)を使うのがおすすめ。柔軟剤に含まれる陽イオン界面活性剤が自然放電をうながす働きをするため、静電気の発生を抑えてくれます。


3:アクリルを手洗いする方法

お気に入りの洋服は、手洗いでケアを。やさしく洗うことで長持ちさせることができます。

◎用意するもの

・洗面器
・バスタオル
・おしゃれ着用洗剤(
DELICATE SOAP / おしゃれ着衣類用洗剤

(+柔軟剤(DAILY CONDITIONER / 柔軟剤

◎手順

①洗浄液でつけ置きをする

洗面器に40度以下の水を張り、水量にあわせておしゃれ着用洗剤を入れます。

洗いたい洋服をいれ、そのままつけ置きもしくは軽く押し洗いをしましょう。

②洗剤をすすぐ

洗面器にキレイな水を張り直してから、衣類についた洗剤をやさしく押しすすぎます。泡が出なくなるまで2〜3回繰り返してください。

③洗濯機で脱水する

洗濯ネットに入れ、洗濯機で約10秒脱水にかけます。ドラム式洗濯機の場合は量が少ないと脱水できない場合があるため、バスタオルを何枚か一緒に入れると◎。

④柔軟剤を含ませてから再度脱水する

柔軟剤を使う場合は、柔軟剤を溶いた水にサッと浸してから再び10秒ほど脱水を!

静電気をおさえるために、数回に1回使用すると良いでしょう。


4:アクリルを洗濯機で洗う方法

洗濯表示を見て問題なければ、洗濯機で洗うと手軽に洗えます。洗剤は中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)、コースはドライを選ぶなど、デリケートな衣類に対応した洗い方がベストです。

◎用意するもの

・洗濯ネット

・中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)

(+柔軟剤(DAILY CONDITIONER / 柔軟剤

◎手順

①洗濯ネットに入れる

服を裏返し、汚れている部分ができるだけ外側にくるようにしてから、洗濯ネットに入れます。洗濯ネットに入れないと、洗濯時の摩擦で毛玉ができやすくなるため注意してください。ちなみに、マフラーのフリンジなどは内側に入れると伸びにくくなります。

②ドライコースで洗濯する

適量の中性洗剤(・柔軟剤)を入れ、洗濯機のドライコースや手洗いコース、おしゃれ着用コースで洗いましょう。

洗剤は普段使いのものでもOK。特に汚れが気になるものはしっかりと洗うことができます。ダメージが気になる場合はおしゃれ着用洗剤(DELICATE SOAP / おしゃれ着衣類用洗剤)を使うと安心です。

③脱水する

脱水時間は10秒ほどにとどめてください。



5:アクリル生地に乾燥機を使うと伸びる?干し方は?

アクリル素材は高熱に弱いため、乾燥機はNG。乾燥機の熱で傷んでしまう可能性があります。加えて衣類の形が変わったり、伸びてしまうことも。

乾かす際は直射日光の当たらない、できるだけ風通しのよい場所で平干し(平置き)をしましょう。ニットの場合は平干しネットがおすすめです。 

 

6:アクリル100%の服にアイロンがけはOK? 

熱に弱いアクリルですが、アイロンがけは可能です。(※衣類によって異なる場合があるため、洗濯表示を確認してください)

必ず当て布を用意し、「低(90〜110℃)」に設定した上でアイロンがけを行いましょう。

ただし、スチーム機能は使用NG。アクリルの風合いが失われ、テカりが発生します。

もしシワがひどい場合は、衣類に直接アイロンを当てず、当て布を使い浮かせながら蒸気をあてましょう。

 

7:アクリル衣類はブラシでお手入れ 

脱いだ後は軽くブラッシングをして、毛並みを整えてあげましょう。

毛玉は摩擦による繊維の絡まりが原因のため、ブラッシングはとても効果的。

アクリル素材はどうしても毛玉ができやすく、加えてなかなか取りづらい特徴があります。

なるべく毛玉が発生しにくい環境を作ると、より長持ちさせることができますよ。

静電気を除去する効果のある、DAILY BRUSH / 衣類用ブラシ(コート・スーツ/静電気除去機能付)がおすすめです!

★ブラッシングの仕方は以下の記事をご参照ください↓

8:まとめ

いかがでしたでしょうか。

アクリル素材は型崩れ/縮み/シワが起こりにくいのが特徴。一方、毛玉ができやすく、高熱に弱い一面を持っています。

洗い方は簡単。洗濯表示を確認し、手洗いもしくは洗濯機で、おしゃれ着用洗剤を使用して洗ってください。

アイロンをかける際は、低温(90〜110℃)に設定を。スチーム機能は避けましょう。

毛玉予防には、定期的にブラッシングでケアするのがおすすめです。

正しいお手入れ方法で、アクリル素材の服をよりきれいに保ちましょう!

著者

Kazama

洗濯もライティングも絶賛修行中の元アパレル店員。
この情報もっと早く知りたかった!と、シミになったお気に入りの服を想いながら書いています。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。