【洗濯マークの正しい見方】見るべきポイントはここ!簡単なチェック方法とは?

洗濯マークって難しいと思ったことありませんか?

お洋服を買うときや洗濯機にいれるとき、洗濯マークを見てもいまいちわからないことありますよね。

たくさんのマークがあるように見えますが、見分けるポイントさえ掴めば、とっても簡単なんです。

今回は、洗濯マークを見分けるポイントをご紹介します。

目次

  1. 洗濯マークは5つの基本記号がある!
  2. 線「ー」や点「・」など付加記号の意味は?
  3. 数字の意味は?
  4. 「お家洗いOK」なのは、桶マーク
  5. 「手洗い」は手が桶に入ってる
  6. 「〇」の記号はクリーニングへ
  7. まとめ<読み方のおさらい>
  8. 番外編<詳しく知りたい人向け>

1.洗濯マークは5つの基本記号がある!

洗濯マークは、5つの基本記号があります。

①:家庭洗濯

②:漂白

③:乾燥

④:アイロン

⑤:クリーニング

①~④は、家庭で洗濯するときに見るマーク

⑤は、クリーニング店が見るマークです。

また、洗濯マークは、お洗濯の手順で(洗い→乾燥→アイロン)で明記されるため、左から確認するのが◎です。

2.線「ー」や点「・」など付加記号の意味は?

【A】強さ

基本記号 の下に線が記載されていた場合、線「ー」が多いほど弱く洗うという意味です。2本の線が書かれている場合は、洗濯機のドライコースを使ってみましょう!

【B】温度

アイロンなどの温度は、基本記号の中に点「●」で表します。点「●」の数が多いほど高い温度を意味します。

【C】禁止

基本記号と組み合わせて記載されていた場合、禁止を表します。

3.数字の意味は?

桶の中の数字は、水の上限温度を示すものです。

40と記載があれば、「40度以下の水で洗いましょう!」という意味になります。(40度ぴったりでなくても大丈夫です!)

4.「お家洗いOK」なのは、桶マーク

お家洗いOKなものは、すべて桶のマークで記されます。

桶に「×」があるものは、お家洗い(水洗い)ができないので、クリーニング屋さんへ持っていきましょう!

ただし、お家で洗う際は、衣類や汚れに合った洗剤を選ぶことも大事になります。ぜひ、意識して選んでみてください。

5.「手洗い」は手が桶に入ってる

桶のマーク=お家洗いOKですが、桶の中に手を入れている洗濯マークは、手洗いすべき衣類です。

他の衣類と一緒に洗濯機で洗わないように注意しましょう。

また、手洗いマークがあるときは、温度40度以下で洗うように注意してください。

6.「〇」の記号は、クリーニングへ

〇の中に、P、F、Wなど英表記があるものがありますよね?

これは、クリーニング屋さんが見るべき記号です。

ドライクリーニングをする際に、溶剤の種別や洗い方などを示すものです。〇の表記は、気にせずクリーニング屋さんへ持っていきましょう。

7.まとめ<読み方のおさらい>

↑みたいなマークの読み方はこちらです。

1)洗いはとても弱く水温は30度まで

2)漂白剤は使用禁止

3)タンブル乾燥禁止

4)陰吊りぼしで干す

5)アイロンは低温で110度までです

という意味になります。

「〇」のマークは、クリーニング屋さん向け。基本無視して大丈夫です。

8.番外編<詳しく知りたい人向け>

全部の洗濯マークを見たい方は、↓の一覧を参考にしてください。

 

いかがでしたでしょうか?

洗濯マークって意外に簡単ですよね。

ぜひ、お家にある衣類のタグを確認してみてください。


著者

Az

掃除・洗濯・修理などの暮らし系コンテンツを得意とする女子大生ライター。
最近カメラを始め、文字・写真・映像の三方から分かりやすい情報発信をすべく奮闘中。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。