便利な乾燥機を使用する際に覚えておきたい、洗濯マークの見分け方

とっても便利な乾燥機。すぐに乾かせるので、梅雨の時期などは特に使う頻度も増えますが、使用してはいけない素材もあります。

今回はそんな乾燥機をかけてもOKなものとNGなものの、見分け方についてご紹介します。

目次

  1. 乾燥機の使用がOKのマークは?
  2. 乾燥機の使用がOKな服の見分け方
  3. 乾燥機の使用がNGな服に乾燥機をかけるとどうなる?
  4. 乾燥機の使用可否マークがない場合は?
  5. どうしても早く乾かしたい場合
  6. まとめ

1.乾燥機の使用がOKのマークは?

洗濯表示のマークに、四角の中に丸があり、丸の中に点(1個or2個)あるものが、タンブル乾燥OKのマークです。

点の数で乾燥機の温度が違います。

 

●点が一つ:低い温度(上限60度)
●●点が二つ:高い温度(上限80度)

    2.乾燥機の使用がOKな服の見分け方

    乾燥機の使用(タンブル乾燥)OKのマークがついているものみOKです。

    マークがついていないものや、乾燥機禁止のマークがついている場合はもちろん使用NGです。

    乾燥機の熱風は生地にとって負担が大きいため、どんな服でも乾燥機をかけると少なからず傷んでしまいます。そのため、丈夫な衣類であっても長持ちさせたいお気に入りの服に使うのは避けたほうが無難です。

    傷みをそれほど気にしないのであれば、以下の服では乾燥機を使うと早く乾かせるので時短につながります。

    ・インナー類

    肌着などのインナー類は別の洋服の下に隠れるものなので、乾燥機を活用して乾かすのがおすすめ。合成繊維のものが多いので短時間でカラッと乾きますよ。

    ・靴下などの小物や消耗品

    タオルや靴下などの毎日使う小物や消耗品は、乾燥機を活用するとぐっと時短につながります。取り出してひとつひとつピンチハンガーにかける手間を省けます。

    ・外出時に着ない服

    部屋着やパジャマなど、外出時に着ない服も乾燥機向き。しかし、乾燥機にかけると少しパサパサした仕上がりになるので、洗濯のときに柔軟剤を入れておくと着心地がよくなります。



    3.乾燥機の使用がNGな服に乾燥機をかけるとどうなる?

    化学繊維の中で合成繊維(ポリエステル・ナイロン・ポリウレタン・アクリル)は特に熱に弱いので、乾燥機はNGです。

    乾燥機の風が当たり続けることで、型崩れをしたり、毛羽立ちの原因になります。

    例えば、Tシャツなどの丈夫な服でもプリント部分がチリチリになってしまうので注意しましょう。

    4.乾燥機の使用可否マークがない場合は?

    洗濯絵表示は家庭用品質表示法という法律上で、表示することが義務になっています。無い場合は昔のものなどが考えられます。

    無かったとしても、絵表示の下に注意書きがある場合がありますので、そこをチェックしましょう。

    絵表示も注意書きもない場合、乾燥機を使用しても問題ないという意味になります。

    5.どうしても早く乾かしたい場合

    コインランドリーに置いてある乾燥機は、家庭用と違いガスを使用し乾燥温度が高いので、早く乾燥出来ます。また乾燥する際に乾燥機にドライボールやテニスボールを入れると早く乾きやすく、ふわふわに仕上がります。

    6.まとめ

    今回は、乾燥機のマークの見分け方や、どんな洋服ならかけてもOKかについてご紹介しました。

    1回だけなら大丈夫・・・?なんてことはなく、しっかりとマークを見て乾燥機をかけないと、洋服がいたむ原因になりかねません。

    乾燥機をかける際は、洗濯マークをしっかり確認してから使用しましょう!

    著者

    NatsumiKawai

    普段はバックオフィスのお仕事をしながら、旅行記事を中心にライターとしても活動中。洗濯についてはまだまだお勉強中です。

    監修者

    w_mashimo

    クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
    酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。