セーターやニットの正しい干し方は?洗濯した際の跡がつかない方法や対処法をご紹介

セーターやニットを上手に洗いたいけど、生地が伸びてしまったり、ハンガーの跡がついてしまったり、なかなかうまく干せずに悩まれている方は多いのではないでしょうか。

今回は自宅でできる、「セーターやニットの正しい干し方をご紹介します。

目次

  1. 布製品の性質について
  2. セーターやニットを洗濯する際のポイント
  3. セーターやニットが伸びない干し方
  4. 万が一跡がついてしまったら
  5. まとめ

1:布製品の性質について

洋服の生地(布製品)には大きく分けて2種類あり、織物編物に分けられます。

①織物

タテの糸とヨコの糸を交差させる組織で、伸縮性がなく、型崩れしにく特徴があります。

例)シャツ・デニムなど

②編物

ループを作って絡み合わせ組織で、伸縮性と通気性に優れていますが、型崩れしやすい特徴があります。

例)靴下・ジャージなど


このように大きく分けて洋服は2種類に分けられるのですが、セーターやニット編物に分類されます

そのため、洗濯や干し方、ハンガーの掛け方に気を付けないと、型崩れしていまいます。

2:セーターやニットを洗濯する際のポイント

セーターやニットを自宅で洗濯する場合は、「中性洗剤」を使うと良いでしょう。

基本的には、手洗いでそっと押し洗いがベターです。もし洗濯機を使用して洗うのであれば、「デリケート洗い」や「スピード洗濯」を選び、短時間で洗うことがおすすめです。

3:セーターやニットが伸びない干し方

干し方の型崩れで一番多いのは、セーターやニットの自重で伸びてしまうケースです。

濡れてしまうとさらに重くなるので、特に袖(肩)や襟元、次いでボディが伸び易くなってしまいます。

特に、ざっくりと編み込まれているローゲージのセーターは注意が必要です。

3-1.干す際に適した場所

屋外で干す場合は、風通しの良い場所を選んで干しましょう。陰干しは、ニットが痛むのを防ぐほか、風を循環させることで嫌なニオイも防ぐので効果的です。

屋内で干す場合は、浴室乾燥機の使用がベターです。

3-2.干すための便利グッズ

それでは、それを踏まえて以下でセーターやニットを伸ばさずに干すためのグッズや干し方をご紹介します。

①平干し用のネット(一番おすすめ)

ハンガーを使わずに大きめなネットの上に、セーターやニットを直接広げて干す方法です。

最近は、100均などで平干し用のネット安く購入できます。

②物干し竿に直接かける

物干し竿に直接引っ掛ける方法も一般的な干す方法の1つです。

平干し用のネットがない場合は、物干し竿に直接二つ折りにして、ひっかけてください。

③ハンガーの場合(必ず滑り止め付き)

ハンガーを使用する際は、ある程度厚みがあり、滑り止めが付いたものがおすすめです。

ハンガーを使用する場合は、袖を両肩にクロスして干します。

袖をクロスにすることで、袖の自重を軽減できるので、袖は肩の伸びを防ぐことができます。

ハンガーの使い方はこちら↓

方法として、複数のハンガーを使って袖を掛けてあげる方法もあります。

ボディの伸び防ぐためには、もう一本ハンガーを使ってボディ部分をかけてあげるのも良いです。

トータル3本のハンガーを使えば、問題ないでしょう。とにかく、セーターやニットの自重を分散させることが大切です。

長期保管する際は、畳んで保管することが一番いいでしょう。

4:万が一跡がついてしまったら

どんなに気をつけていたとしても、洗濯バサミの跡などがついてしまったりすることもあります。

そんな時は、以下のような方法を試してみてください。

①スチームアイロン

シワ伸ばしとして活躍するアイロンは、洗濯物についた跡を消すのにも活躍します。

ハンガーや洗濯バサミの跡がついた部分を伸ばしながらスチームを当てると、簡単に元に戻ります。

このとき注意したい点が、セーターやニットの種類によっては、高温NGだったり当て布が必要だったりすることです。せっかくのセーターやニットがコゲてしまったら、もう着用できなくなってしまします。

浮かしながらスチームを当てるだけでも効果があるため、心配な人は試してみてください。

②霧吹きとドライヤー

アイロンより手軽に試せるのがドライヤーを使った方法です。

跡がついてしまった部分に霧吹きで水を吹きつけた後、跡を伸ばしながらドライヤーの熱風を当てましょう。

アイロンのスチームと同じような役割をしてくれるので、しっかりと跡を伸ばしてくれます。

※アイロンやドライヤーを使用して跡を直す場合は、高温になるので火傷にご注意ください。

5:まとめ

今回は、セーターやニットの正しい干し方について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

毎回クリーニングに出せない、でも家で洗濯したらお気に入りのセーターが伸びたりしてしまった・・・

そんなことが起きたらとってもショックですよね。

今回ご紹介した方法で、おうち洗いても型崩れしていないセーターやニットを楽しみましょう!

著者

NatsumiKawai

普段はバックオフィスのお仕事をしながら、旅行記事を中心にライターとしても活動中。洗濯についてはまだまだお勉強中です。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。