かさばるセーターやニットを綺麗にしまいたい!シワをつけない6つの収納術をご紹介

皆さんはモコモコのセーターやニットをどうやって収納してますか?

かさばるお洋服をクローゼットに収納するのは難しいですよね。

厄介なことに、セーターやニットはとてもデリケートなものが多いです。。。

クローゼットに押し込むと、シワになり本来の形が崩れてしまいます。

でも、たたみ方やしまい方しだいで、綺麗に収納可能できます。

今回は、『シワをつけない6つの収納アイデア』をご紹介します。

目次

  1. 引き出しにいれる量を減らす
  2. たたみ方を工夫!袖だたみをしよう
  3. 薄手ニットであれば、タオルを挟む
  4. 引き出しに、立てて収納する
  5. 空きスペースを活用!吊り下げ収納棚や衣装ケースを利用
  6. ハンガーを利用!かけ方に一工夫

 

1.引き出しにいれる量を減らす

まずは、引き出しにいれる洋服の量を減らしましょう。

無理に詰め込むとシワになってしまいます。

オンシーズンの間に長らく着ていない洋服がないか、見直してみてくださいね。

2.たたみ方を工夫!袖だたみをしよう

たたみ方を工夫することで、コンパクトに収納することができます。

ここでご紹介するのは両袖を中へ入り込むようにしながら、半分に折りたたむ方法です。

少し大きめのたたみ方になりますが、折りたたむ部分が減ることでシワを防ぐことができます。

ズボラさんでもすぐに実践できるおすすめの方法です!

◎たたみ方

①まずはニットを半分にたたみます。

②そでの部分を折り返します。

③裾の方から折り返して完成です。

 

3.薄手ニットであれば、タオルを挟む

薄手のニットを畳むときは、折りたたむ部分にタオルを挟みこみましょう。

ふんわり畳まれることで、シワがつきにくくなります。

簡単にシワを防止できるので、お家にあるタオルを使って早速試してみてくださいね。

4.引き出しに、立てて収納する

引き出しが浅い場合は、「立てる収納」をするとシワがつきにくくなります。

その際、余裕をもち積み重ねないことがポイント。

ぎゅうぎゅうにつめるとシワになり、重ねると下のものが重みでつぶれてしまいます。

5.空きスペースを活用!吊り下げ収納棚や衣装ケースを利用

引き出し自体が小さく、スペースがないこともありますよね。

そんな時は、クローゼットのハンガーバーに吊るして衣類を収納できる、吊り下げ収納棚を活用するのがおすすめ。

シワはもちろん、型崩れも気になるニットやセーターをたたんでしまうことができますよ。

また、衣装収納ケースや、布製の収納ボックス、カラーボックスを利用するのも◎。

押入れやベッド下などのスペースを確保してくださいね。

衣替えの際の収納方法としては圧縮袋を使用する方法もあります。

ただし、シワがつきやすいためデリケートな素材のアイテムに使うのは避けたほうがベターです。

6.ハンガーを利用!かけ方に一工夫

ニットをそのままハンガーに掛けるのはNG。

ただし、ハンガーのかけ方を工夫すれば、しわを防ぎながら省スペースで収納することが可能です。

薄手ニットであればV字、厚手ニットであればX字を描くように、ニットの袖を反対の肩にかけてあげてください。

袖の自重で肩にハンガーの跡がつくのを防ぐことができますよ。

◎たたみ方

①まずニットを半分に畳み、ハンガーを写真のようにセットします。

②腕の部分をパタンと折ります。

③胴の部分もパタンと折ります。

落ちるのが心配な方は、ハンガーの下の部分にニットを入れ込んでもOKです。


 

 

6つのポイントいかがでしたでしょうか?

すっきり整頓して、毎日ふわふわモコモコのニットを楽しみましょう!


著者

Az

掃除・洗濯・修理などの暮らし系コンテンツを得意とする女子大生ライター。
最近カメラを始め、文字・写真・映像の三方から分かりやすい情報発信をすべく奮闘中。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。