アルカリ性洗剤とは?最適な利用シーンを紹介・使用時の注意点も

作成日
更新日

アルカリ洗剤といえば、漂白剤を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?カビや油汚れなど頑固な汚れに強いアルカリ洗剤ですが、利用時には自身の体に害を与えないよう注意が必要です。

今回はアルカリ洗剤の仕組みや利用シーンに加え、利用時の注意点も紹介します。

目次

  1. 「アルカリ洗剤」とは?
  2. どんな汚れを落とせる?アルカリ洗剤の使い方
  3. アルカリ洗剤を使用する際に注意すべきこと
  4. まとめ

1:「アルカリ洗剤」とは?

洗剤には液性があり、主に中性、酸性、アルカリ性の3つに分けられています。これらはpH(水素イオン濃度) 0〜14の数値で区分。アルカリ性洗剤は、この液性が8〜14のアルカリ性を示す洗剤のことです。pHが14に近いほどアルカリ性が強くなります。

販売されている洗剤製品は、家庭用品品質表示法で以下のように分類されています。

アルカリ性

11.0超

弱アルカリ性

8.0超~11.0以下

中性

6.0以上~8.0以下

弱酸性

3.0以上~6.0未満

酸性

3.0未満

 

では、アルカリ性洗剤にはどのような特徴があるかを見ていきましょう。

汚れが落ちるメカニズム

まず汚れが落ちる仕組みですが、汚れと反対の液性を持つ洗剤で中和させることで汚れが落ちやすくなります。つまり、酸性の汚れにはアルカリ性洗剤を使用し、アルカリ性の汚れには酸性洗剤を使用するのが基本です。

酸性の汚れとしてよく挙げられる油汚れは、アルカリ性洗剤の得意分野です。またアルカリ性洗剤はタンパク質を分解します。そのため、血液や食べこぼし、焦げ付き、手垢、皮脂といったタンパク質汚れに対しても強い洗浄力があります。

他の洗剤との違い

酸性洗剤はpH0〜6の酸性を示す洗剤のことです。洗剤には反対の液性の汚れを良く落とす働きがあるため、酸性洗剤はアルカリ性の汚れを得意としています。アルカリ性の汚れには、水垢や、石鹸カスなどがあります。また、アルカリ性の臭いであるトイレのアンモニア臭などの臭い消しとしても有効です。

酸性洗剤を使用する際の注意点として、塩素系の洗剤と一緒に使わないというのがあります。混ぜると有毒ガスが発生し、命の危険にもつながりますので注意しましょう。

中性洗剤(DAILY SOAP / 衣類用洗剤はpH6〜8の中性を示す洗剤のことです。中性洗剤が汚れを落とす仕組みは、反対の性質で中和する酸性やアルカリ性洗剤とは異なり、中性洗剤に含まれる界面活性剤の働きによって汚れを浮かせることで落としやすくします。洗浄力が低いですが、刺激が少なくお肌や素材を痛めることが少ないです。


2:どんな汚れを落とせる?アルカリ洗剤の使い方

アルカリ性洗剤は触ってみるとヌルッとしていて、油汚れを落とすのによく使われています。酸性の汚れ全般を得意としていますが、実は家の中は油汚れ以外にも酸性の汚れで溢れています。では、アルカリ性洗剤はどんなシーンで使われることが多いのでしょうか。さっそく活躍できるシーンと使い方を見ていきましょう。

お風呂掃除(カビ取り)

お風呂場掃除の厄介な敵といえば、黒カビですよね。湿度が高く、石鹸カスなどの栄養が豊富なお風呂場は、放っておくと黒カビがどんどん発生してしまいます。この黒カビは弱酸性のため、アルカリ性洗剤が有効です。しばらく放置した黒カビは、浴室のタイルの隙間などに菌糸が深く根をはっているため、再発生を防ぐためにも強アルカリ性洗剤で奥までしっかり洗浄しましょう。

また、強アルカリ性洗剤は直接触れると肌が荒れる原因にもなりますので、ゴム手袋をして直接肌に触れないよう取り扱いは注意が必要です。

キッチン掃除

キッチン掃除に使われる台所用洗剤の多くは中性洗剤の印象があります。しかし、中性洗剤はお肌に優しい分、洗浄力が低く頑固な油汚れには向いていません。頑固な汚れを中性洗剤で無理に掃除をしようとして、ブラシやたわしでゴシゴシ擦って結果的に素材を傷めてしまうことも。

酸性汚れの代表である油汚れにはアルカリ性洗剤が有効です。強アルカリ性洗剤を使えば頑固な油汚れも楽に落とすことができます。酸性汚れに直接塗布して少し放置してからスポンジやブラシで擦ると、力をそれほど入れなくても汚れが落ちてくれます。素材を傷つけないためにもアルカリ性洗剤の使用がおすすめです。

換気扇やコンロ・グリル・壁の油汚れに限らず、コンロやグリル・電子レンジの焦げ、シンクのぬめり、手垢、皮脂汚れなどにも活用できます。軽い油汚れや皮脂汚れは、普段から弱アルカリ性洗剤で小まめに掃除するとお掃除が簡単に済みますね。

リビング掃除

リビングの床やドアノブ、テーブルなどには直接手足が触れることが多いため、手垢や皮脂汚れが付いています。これらは酸性の汚れになりますので、アルカリ性洗剤でのお掃除がおすすめです。弱アルカリ性洗剤を布巾やペーパーに染みこませ、優しく拭きましょう。次に水拭きをして洗剤をしっかり落としてください。

衣類洗濯

アルカリ洗剤は、衣類を洗濯する際にも利用でき、なかでも汚れをしっかり落としたいシーンで最適な洗剤です。普段使いの衣類には適していますが、おしゃれ着を洗う際には注意すると良いでしょう。頑固な汚れであれば、弱アルカリ性の液体洗剤を直付けしてから洗濯するのもおすすめです。

また軽い皮脂汚れは弱アルカリ性洗剤でも十分に落ちます。アルカリ性洗剤にはタンパク質を分解する働きもあるため、血液の汚れにも活用可能です。落としにくい血液汚れに特化した洗剤はこちら(SANITARY SOAP / 血液・タンパク質汚れ専用洗剤

★「デリケートな洋服や、お子様の洋服にアルカリ性洗剤を使用するのは少し心配...」という方は、以下のような洗浄力の高い中性洗剤がおすすめです。

 

3:アルカリ洗剤を使用する際に注意すべきこと

アルカリ性洗剤には強力な洗浄力がありますが、その分刺激も強いため取り扱いには注意が必要です。小さなお子さんがいる家庭では、子供が誤って口にしたり触れたりしないよう手の届かない所へ置くなど収納場所にも気を付けましょう。

使用できない素材がある

アルカリ性洗剤は洗浄力が高くさまざまなシーンで活躍できますが、使用してはいけない素材もあります。

アルミ素材やフッ素コート:アルミ素材に付着すると黒く変色したり、腐食して穴が開いたり、サビの原因となります。

木製の家具や畳:水が染みこむ素材への使用は控えましょう。シミや変色の恐れがあります。

車やバイク:アルカリ性洗剤は油汚れに強いため、車やバイクのホイールに付いた頑固な油汚れを落とすのに向いていると思われがちですが、金属を腐食する恐れがあります。使用する際には、洗剤が残らないようにしっかりと洗い流すようにしましょう。

動物系の天然素材:動物系の天然素材の衣類には使用できません。具体的には、ウール、カシミヤ、シルク、アンゴラ、モヘヤなどが該当します。これらの素材は、人間の髪の毛と同じタンパク質です。アルカリ性はタンパク質を溶かす働きがあるので、これらの使用には向いておりません。

その他にも、水洗い・水拭きできないものや柔らかい素材の床、家具の塗装面などにも使用することができません。製品に記載されている注意事項をよく確認してから使うようにしましょう。

ゴム手袋をつける

タンパク質を分解する働きがあり、手垢や皮脂汚れにも有効なアルカリ性洗剤。手垢や皮脂汚れを落としてくれるということは、直接お肌に触れると必要な皮脂まで過剰に落としてしまう危険性があります。必要な皮脂まで落ちることで乾燥し、肌荒れの原因にもなってしまいます。

pHが14に近いほど洗浄力は強くなり刺激も強くなるため、お掃除中はゴム手袋をして直接手に触れないようにしましょう。もし直接触れてしまったらすぐに洗い流してください。

万が一目に入ったら、医療機関へ

万が一アルカリ性洗剤が目に入ってしまうと失明の恐れがあります。目に入ってしまったら決して擦らずすぐに15分以上、流水で洗い流してください。コンタクトは無理に外さず、まずはそのまま洗い流して問題ありません。その後、外せるようなら外して再度洗い流しましょう。目薬や洗眼液では十分に洗い流せませんので、必ず流水で洗うようにしてください。

製品の注意表示で医療機関への受診を勧める記載がある場合は、目に痛みや違和感がなくても必ず医療機関の診察を受けるようにしてください。また、診察を受ける際は、目に入ってしまった製品を持参すると良いでしょう。

4:まとめ

アルカリ性洗剤は家の中にあふれる酸性汚れを落とすのに欠かせないアイテムで、頑固な油汚れや皮脂汚れをスッキリ落としてくれます。どのような汚れに使えるか、またどのような素材には向いていないかを確認して、シーンに合わせて使いましょう。

洗浄力が強い分、刺激も強いので取り扱いには十分注意し、製品に記載されている使用上の注意は必ず読むようにしてください。アルカリ性洗剤をうまく使いこなして家のお掃除の効率アップを目指しましょう。

著者

Kazama

洗濯もライティングも絶賛修行中の元アパレル店員。
この情報もっと早く知りたかった!と、シミになったお気に入りの服を想いながら書いています。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。

ブログに戻る