失敗しないダウンジャケットの洗い方。生地の傷みをおさえるためにできる洗濯前のひと工夫。

ダウンジャケットは秋冬の定番アウターです。ここ数年でさらに人気が高まってきたので、街で見かけることも多くなりました。

軽くて暖かいという性質を持つダウンジャケットですが、機能性とデザイン性が嬉しい反面、ご自宅での洗濯が難しく、お手入れに悩んだ経験を持つ方は多いのではないでしょうか。

今回は、ダウンジャケットをご自宅で簡単に洗濯できる方法をご紹介していきます。

目次

    1. ダウンジャケットについて
    2. 洗い方をマスターして自宅で洗濯ケア
    3. まずは洗濯表示を確認
    4. ポイントは洗濯前の処置
    5. さらにふんわり仕上げる方法
    6. ダウンがぺちゃんこになってしまった時は?
    7. まとめ

1:ダウンジャケットについて

ダウンジャケットとは、ダウン(羽毛)フェザー(羽根)が中に詰まっているコートです。 外側の素材はナイロンやポリエステルが多いものの、ウールなどを使用しているものも人気が高いです。

ダウン(羽毛)とは?

水鳥の胸元のうぶ毛のことです。タンポポの綿毛のような形で、軽くてとても柔らかいです。

保温性が高く、押さえつけても元に戻りやすい点も特徴の1つです。

1羽からとれる量は限られているので、たくさん入っているほど高級で暖かいウェアになります。

フェザー(羽根)とは?

湾曲した羽軸がある羽根です。 ダウンより若干重みを感じます。
保温性はダウンに比べて劣りますが、通気性・弾力性が高く、型崩れ防ぐ効果があります。

2:洗い方をマスターして自宅で洗濯ケア

今回ご紹介する洗い方では、「ダウンジャケット専用洗剤」を使用します。こちらはダウンジャケットを洗うために生まれたダウン(羽毛)を傷めにくい洗剤です。

しかし、そもそもジャケットを自宅の洗濯機で回して洗っても本当に大丈夫? と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そんな心配のお声を解消すべく、ダウンジャケットをおうち洗いする際にかんたんにできる、生地を傷めにくくするひと手間をご紹介いたします。

◎用意するもの

  • 洗濯ネット
  • ダウンジャケット専用洗剤
  • 大きなタオル(こだわりたい方)

3:まずは洗濯表示を確認

洗濯を始める前に、まずは衣類の洗濯表示をチェックしてください。

基本的に、家庭洗濯不可のマークがある場合は洗えません。最近見られる「自宅で洗えるダウンジャケット」と表示している衣類であれば、ご自宅でも安心して洗うことができます。

家庭洗濯不可のマークがある場合はこちらの記事を参考にしてください。

4:ポイントは洗濯前の処置

ダウンジャケットを洗うとき、避けたいのは生地に傷がでついてしまうこと。こうなると、中の羽毛が噴き出してせっかくのジャケットも台無しになってしまいます。

そうならないために、洗濯前に以下のポイントに注意してみましょう。

①ファスナーは全て締める

突起部分と生地が接触しないように、洗濯前にファスナーは全て閉めておきます。取り外せる金具や付属品(革やファーなど)があれば、必ず外しておいてください。

②洗濯ネットに畳んで入れる

洗濯ネットは生地の摩擦をおさえてくれます。ネットのサイズは、ダウンジャケットを2~3つ折りに折りたたんで入るくらいがベストです。小さすぎたり、大きすぎたりサイズに合っていないネットはNGです。

洗う前にダウンジャケットを水に沈め、しっかりと濡らしてください。洗濯機のコースはデリケートコースを選択。ダウンジャケット専用洗剤には、生地の摩擦を防ぐ成分「浴中平滑剤(よくちゅうへいかつざい)」が配合されています。

これによって、洗濯中の生地同士の摩擦を緩和して、乾燥後にジャケットからダウン(羽毛)が吹き出す。なんて悲劇を防いでくれます。

③脱水は少ない時間がおすすめ

洗いとすすぎが終わったら、次は脱水。ダウンジャケットを美しく仕上げるためには、ダウン(羽毛)を偏らせないことが重要です。洗濯機での脱水をできるだけ短い時間にとどめておきましょう。

 仕上がりにこだわりたい方は、ここでもうひと手間。脱水の時間を30秒程度で終わらせて、取り出したダウンジャケットをタオルに挟み、押すようにしながら丸めてください。

こうすることで、効率よく水分を拭き取れます。

④干すときに形を整える

あとは、形を整えながら中のダウン(羽毛)をほぐして、風通りのよい場所で陰干しするだけ。羽毛は水分を蓄えやすく、すぐには乾きません。

しっかり乾燥するまで気長に出来上がりをお待ちください。

5:さらにふんわり仕上げる方法

干している間も、たまに手間をかけてあげるとさらにふっくらとした仕上がりに。やり方はポンポンと叩いたりしながら中のダウン(羽毛)をほぐすだけ。ある程度乾いたら、最後の仕上げに乾燥機をご利用いただくとふっくら仕上がるのでおすすめです。

※乾燥機が使えない場合もあるので、衣類の品質表示にしたがってください。

6:ダウンがぺちゃんこになってしまった時は?

いざ洗濯をしてみて、ぺちゃんこになってしまった!なんてことが起きてもご安心ください。

ぺちゃんこになってしまう原因は、洗濯している間にダウン同士が絡まってしまったりして、しっかり乾いていないからです。

その時にこまめに空気を入れて、中のダウンをほぐす&ある程度乾燥したら、乾燥機を使って仕上げるのもオススメです。

一番ふっくら仕上げるとしたら、乾燥機がベストです。高温で短時間か、低温設定でしっかりと乾燥させるが良いかと思います。

7:まとめ

いつもより少し洗い方と干し方に気を配るだけで、愛用のジャケットに対する愛着がさらに深まりますよね。

クリーニングに出すとなかなか返ってこないので、ご自宅で洗う方法をマスターするとお気に入りのダウンジャケットをより長く楽しむことができます。

ダウンジャケットは少し洗いにくいですが、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。

著者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。