「撥水加工」と「防水加工」の違いとは?洗濯する際の注意点をご紹介

レイングッズやアウトドアグッズを購入する際に、撥水加工が施されているグッズと防水加工が施されているグッズ、どちらを購入するかで迷われた経験は誰もがあるのではないでしょうか。

今回は「撥水加工」を中心に、「防水加工」との違いや、洗濯する際の注意点についてわかりやすく説明します。

目次

      1. 撥水加工について
      2. 撥水と防水の違い
      3. どんな衣類に加工が施されているか
      4. 普通に洗濯していいの?
      5. 絶対NGな洗濯方法
      6. まとめ

1:撥水加工について

撥水加工とは「水を弾く加工のこと」です。

水が加工面で転がるイメージ。一般的には(フッ素系・シリコン系)があります。ちなみにメジャーはフッ素系です。

【フッ素系】

加工面を撥水基(はっすいき)と呼ばれる水の分子よりも細かい繊維で覆い、水も油も弾くことができます。

ただし、持続性が弱く摩擦などの物理的な影響に弱い性質を持ちます。

【シリコン系】

加工面を疎水性(水と馴染まない)成分でコーティングするもの。ワックスを塗ったイメージです。

水を弾き持続性もありますが、油は弾かず、透湿性も悪くなります。

 

2:撥水と防水の違い

そもそも「撥水」と「防水」の違いはどんなものでしょうか?

【撥水】

水を弾くために素材の表面に加工することです。

【防水】

水を弾くのではなく、ゴムや合成樹脂で素材事態が加工されたもので、水の侵入を完全に防ぐことです。生地の裏側まで水を通さないもので、例えばビニール・ゴム・ターポリンなどです。

3:どんな衣類に加工が施されているか

撥水加工や防水加工は、どのような衣類に施されている加工なのでしょうか。

【撥水】

スノーウェア、コート、ダウンジャケット・傘などの身の回りの衣類に多いです。

【防水】

雨合羽、アウトドア系のリュック、テント、垂れ幕、横断幕、建物の屋上など耐久性が求められるものに多いです。

【ゴアテックス】

独自の技術で開発された、防水と透湿を兼ね備えた特殊な生地です。

たとえ生地表面の撥水効果が薄れて濡れたとしても、防水機能で中まで水が侵入しません。

※ただし、縫い目やファスナー部分からは水が侵入する可能性があります。

4:普通に洗濯していいの?

「撥水」と「防水」の洗い方に大きな違いはありません

基本的には、衣類の品質表示に従って洗ってください。

しかし、気をつけるポイントとして以下の点が挙げられるので、注意が必要です。

【洗う前】

ポケット・コード・マジックテープを使用している場所は、洗う最中にひっかかりの原因となるので、全て閉じておく。

【洗濯機】

・溶け残りやすい粉末洗剤・漂白剤・蛍光増白剤・柔軟剤の使用はNG

・酵素が入った洗剤を使う場合は、酵素は衣類に残りやすいのでよくすすぐ

液体タイプの中性洗剤が◎

・洗剤の残留がない様に、洗剤は少なめですすぎはしっかりと2回以上行う

・脱水は短時間で行う。

・洗濯中の摩擦を軽減する為に、洗濯ネットに入れて行う

※水に沈み難いので、初めに満遍なく濡らして水を染み込ませることが良いでしょう。

【手洗い】

・溶け残りやすい粉末洗剤・漂白剤・蛍光増白剤・柔軟剤の使用はNG

酵素が入った洗剤を使う場合は、酵素は衣類に残りやすいのでよくすすぐ

液体タイプの中性洗剤が◎

・優しく押し洗い。もみ洗いは生地を傷めたり、撥水効果が薄くなるのでNG

・洗剤の残留がない様に、洗剤は少なめですすぎは水が綺麗になるまでしっかり行う

脱水は短時間で行う

ぬるま湯(40度以下)

【干す】

・風通しの良い場所で陰干し

※直射日光は色褪せの原因となりますので、NGです。

【撥水効果の復活】

撥水効果を戻すにはを加えましょう。

乾燥機・当て布を使ってスチームなしのアイロン・ドライヤーなどのしようがベターです。

 

5:絶対NGな洗濯方法

撥水加工や防水加工にとって、絶対にしてはいけない選択方法をご紹介します。

①溶け残りやすい粉末洗剤・漂白剤・柔軟剤の使用

撥水加工などにとって、余分な成分(粉末洗剤・漂白剤・柔軟剤)が残ることは、生地のダメージになったり、加工本来のパフォーマンスが低下する原因となります。

②もみ洗い

生地を傷めたり、撥水効果が薄くなります。

生地・撥水加工にとって物理的なダメージになりやすいので避けましょう。

6:まとめ

 

何となく効果が似ているようで、加工自体は全く異なるものだったと思います。

せっかく加工がされている商品を購入したのに、お洗濯でダメにしてしまった...なんてことがないように、ぜひ覚えて役に立ててみてください!

著者

NatsumiKawai

普段はバックオフィスのお仕事をしながら、旅行記事を中心にライターとしても活動中。洗濯についてはまだまだお勉強中です。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。