浴衣や帯の洗い方って?自宅で簡単にお手入れができます!

自分で洗うのは難しいイメージのある浴衣。

「毎回クリーニングに出すのが大変」「お手入れが面倒だからレンタル」と着るのを敬遠している方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな浴衣や帯のお手入れ方法をご紹介していきます。実は、自宅でも簡単に洗濯することができますよ!


目次

    1. 浴衣を洗う準備
    2. 浴衣の洗い方
    3. 浴衣の干し方
    4. 浴衣のしまい方
    5. 帯、兵児帯、紐のお手入れ方法
    6. まとめ

 

1:浴衣を洗う準備

浴衣は家庭で簡単に洗えるものも多く、気兼ねなくお手入れすることができます。

しかし、中には絹(シルク)や絞りなどを使用した水洗いできないものがあるため、「洗えるかどうか?」を先に確認してください。

また、色鮮やかで柄物の多い浴衣は色落ちの事故も起こりやすいもの。以下のポイントを抑えておきましょう。

①洗濯表示を確認する

桶マークにバツ印がある場合は、「家庭での洗濯禁止(水洗い禁止)」という意味です。水洗いをすると風合いの変化や型崩れが起きる原因となるため、クリーニング店へ持ち込みましょう。

また、桶マークの下に一本線が入っていたら「洗濯機で弱い洗濯ができる」、二本線が入っていたら「洗濯機で非常に弱い洗濯ができる」、桶マークの中に手の表示がある場合は「水の温度は40度を限度として手洗い可能」という意味です。

水洗いできる表示のものでも、手洗いコースやドライコースなどのおしゃれ着用コースを選ぶ、もしくは手洗いをした方が安心です。

②色落ちしないか確認する

目立たない部分に洗剤の原液や水をつけ、白い布で軽くこすってください。すぐに色が移るようであればクリーニング店に依頼しましょう。

③汚れをチェックし、予洗いする

汗やファンデーションの汚れが一番付きやすい襟元などには、洗剤を直接つけてから洗濯するのが◎。食べこぼしなどもこの時点で見つけておきましょう。洗剤が汚れに直接作用し、汚れ落ちがアップしますよ。


2:浴衣の洗い方

浴衣を洗う準備が済んだら、お手持ちの浴衣にあった方法で早速洗濯へ進みましょう。

【洗濯機】 

◎用意するもの

・中性洗剤/おしゃれ着用洗剤
・洗濯ネット

◎手順

①浴衣をたたむ

生地の傷みや型崩れ、余計なシワを防ぐために、浴衣はたたんで洗うのがベスト。

汚れている部分が外側にくるよう、「袖だたみ」をするのがおすすめです。

<袖だたみ>

1.背縫い部分を折って袖と袖を合わせる

2.袖縫い部分で袖を折り返し、丈を3つ折りか4つ折りにする

汚れやすい裾を表側に出してください。


②洗濯ネットに入れる

洗濯ネットは浴衣のサイズに合わせたものを準備してください。

ネットが大きすぎると、浴衣がネットの中で動いてたたんだものが崩れ、傷みや型崩れの原因に。小さすぎると、浴衣の生地が重なってしまい均等に洗うことができません。


③おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)を使い、ドライコースで洗う

浴衣に使う洗剤は、衣類に優しいおしゃれ着用の中性洗剤を使用します。

色落ち防止のため、高い温度での洗濯(お風呂の残り湯など)は避けてください。

シワを防ぐ効果のある柔軟剤や、パリッと仕上げる洗濯のり(のり剤)を併用しても良いでしょう。


【手洗い】

◎手順

①洗面台に水をはり中性洗剤を溶かす

②たたんだ浴衣を入れ、やさしく押し洗いする

③洗濯ネットに入れて、脱水する

一番弱い設定で1分程度行います。

④新しい水をため、押し洗いしながらすすぐ

柔軟剤を入れる場合は最後のすすぎ前に投入してください。

⑤洗濯ネットに入れ、③と同様に脱水する


3:浴衣の干し方

浴衣は必ず陰干しで乾かしてください。日光に当てると色あせを起こす可能性があります。

また、袖に跡がつかないよう、着物用のハンガーを使うのがおすすめ。ネットショップなどで手軽に手に入れることができますよ。

家にあるものでお探しの方は、物干し竿を!袖から直接通して「袖と肩のラインが一直線になる」ように干しましょう。つっぱり棒でも代用できます。

広げて干せる場所がない時は、フラットなテーブルやバスタオルを敷いた床に置いて乾かしてもOKです。


4:浴衣のしまい方

次の夏も着るために、しまい方にはちょっとした工夫が必要です。以下の方法を参考にしてみてくださいね。

①シワを取り除く

アイロンがけをしてキレイにシワを伸ばしてください。

テカリをおさえるため、当て布を忘れずに。加えてのりスプレーを使うとパリッと仕上がります。

②本だたみをしてしまう

保管するときはシワのつきにくい正規の折り方(本だたみ)をしてしまいましょう。

③防虫剤や除湿剤、保存袋を用意する

浴衣は木綿などの素材が多いため、保管する際は虫食いやカビ予防に、防虫剤・除湿剤を使いましょう。防虫剤は直接浴衣に触れないよう注意してください。

和ダンスや着物の収納ケース等が無いなら、専用の保存袋が便利です。抗菌・防虫・調湿などの効果があるため、安心して次の夏を迎えられますよ。

保存袋がない場合は、畳紙(たとうし)でも代用できます。



5:帯、兵児帯、紐のお手入れ方法

帯には洗えない素材や中に芯が入ったものもあります。洗う際は浴衣と同様、洗濯表示タグを確認し、洗える場合は中性洗剤とネットを使ってデリケートコースで。脱水は1分程度で行いましょう。

洗う頻度はワンシーズンに1回を目安にし、普段は硬く絞ったタオルなどで軽く叩く程度にとどめましょう。お手入れ後は風通しの良い場所でしっかりと乾燥させてください。

また、帯も直射日光を当てるのはNG。平干しハンガーを利用しながら陰干ししましょう。

一方、ポリエステルや木綿素材などが多い兵児帯(へこおび)は洗濯機で簡単に洗えるものがほとんど。汚れの気になりやすい子ども用の浴衣用品は、都度洗っても問題ありません。

また、腰紐などは比較的洗いやすいアイテム。浴衣同様に表示を見て、お手入れしておくと良いですね。

6:まとめ

浴衣は色落ちしやすいため、まずは洗濯表示を確認しておきましょう。

洗う際はたたんで洗濯ネットに入れるのを忘れずに!

予洗いをし、デリケートコース・おしゃれ着用洗剤で洗うのがポイントです。

しまう際はアイロンでシワを取り除いてから、除湿剤や防虫剤と一緒に収納してください。

帯や紐の状態も忘れずに確認し、お手入れを済ませておきましょう。

実は自宅でも簡単に洗濯できる「浴衣」。出番を増やして思い切り夏を楽しみませんか?

著者

Kazama

洗濯もライティングも絶賛修行中の元アパレル店員。
この情報もっと早く知りたかった!と、シミになったお気に入りの服を想いながら書いています。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。