洗濯機のドライコースとは?お家で簡単におしゃれ着洗いができます

洗濯機の「ドライコース」を使ったことありますか?

普段、無意識にスタートボタンを押していて、使ったことない方も多いのではないでしょうか?

実は、ドライコースを使うと、大切な衣類を優しく洗い、長持ちさせることができます。

今回は、ドライコースの活用術をご紹介します。

目次

  1. ドライコースとは【通常・ソフトコースとの違い】
  2. ドライクリーニングとは違う
  3. ドライコースに向いている素材
  4. ドライコースを使う前のポイント

 

1.ドライコースとは【通常・ソフトコースとの違い】

ドライコース(手洗い/ドライモード)は、「おしゃれ着洗い」がお家でできる洗濯モード具体的には、衣類のダメージ・縮みの原因となる、機械的な洗う力や水流と脱水の加減が弱く設定されているコースです。

傷みや縮みが発生しやすい、セーターやニットなどデリケートな衣類にオススメ!また、レースや装飾がついたもの、型崩れや色落ちが心配な衣類にも向いてます。

ただし、洗い残りが起こりやすいため洗剤量に注意。すすぎ性が強い洗剤(DAILY SOAP / 衣類用洗剤)を使用するのも◎。

一方で通常のコースは、強い力で洗ってたっぷりの水ですすぎ、しっかりと脱水する設定。また、ソフトコースは通常洗いよりも水流が少し弱いコースのことで、ドライコースよりは強い設定です。コースの特徴を知り、衣類に合わせて使い分けてみましょう。

 

2.ドライクリーニングとは違う

「ドライクリーニング」と「ドライコース」は全く別物。

ドライクリーニングとは、石油系やパークロロエチレン系を代表する有機溶剤、油で汚れを落とす洗い方です。

水洗いに比べると、油汚れ落としに強く、型崩れを起こしにくい洗い方。

ちなみに。。。

ドライクリーニング中の洗濯槽の中に、ティッシュをいれてガラガラ回しても、ティッシュはボロボロにならず、原型を留めたままなんです!!そのくらい型崩れを起こし難いんですね。

また、洗濯マークの表示で、水洗い可のマーク+ドライクリーニングのマークがある場合家庭洗濯(水洗い)とドライクリーニングのどちらもできるという意味です。

お家で洗えるものであれば、ドライコースに挑戦してみてください!

3.ドライコースに向いている素材

ドライコースに向いているのは

クリーニングに出すほどではないけど丁寧に洗いたい衣類です。

セーターやニット、レースのついたブラウス、ワンピースなど

丁寧に衣類を洗いたい時におすすめです。

4.ドライコースを使う前のポイント

シミや襟袖の汚れがある場合には中性洗剤の原液をなじましょう。

優しく洗うということは、逆の意味だと洗浄力には欠けてしまうんです。

シミなどの頑固な汚れを落としたい時は、洗う前に前処理を行いましょう。

汚れがひどいときは洗剤をつけた部分をたたき洗いまたは、ブラシでブラッシングして洗剤を衣類になじませると良いです。

 

いかがでしたでしょうか?

クリーニングにだすほどではないけど、お気に入りの衣類はドライコースで洗ってみてください。


著者

Az

掃除・洗濯・修理などの暮らし系コンテンツを得意とする女子大生ライター。
最近カメラを始め、文字・写真・映像の三方から分かりやすい情報発信をすべく奮闘中。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。