日焼け・色あせした洋服の直し方って?変色の原因や防止する方法を解説します

いつの間にか洋服が色あせていてがっかりしたこと、ありませんか?

シミや汚れのように何か落とし方があるわけではない「日焼け」「色あせ」は、原因を知り、対策しておくことが大切です。

ここでは、日焼け・色あせが起こる理由や修復方法、予防策について詳しく解説していきますよ。


目次

  1. 日焼けした洋服は洗濯しても意味がない?
  2. 日焼け、色あせの原因とは?
  3. 日焼けした洋服の直し方は?
  4. 日焼け防止のためにできることって?
  5. まとめ

 

1:日焼けした洋服は洗濯しても意味がない?

日焼け・色あせした洋服は、洗っても元に戻ることはありません。

なぜなら、汚れたり別の色が染み込んだわけではなく色素そのものが壊れた状態だからです。

もし日焼け・色あせが起こったら、染め直しや補色によって直す必要があります。




2:日焼け、色あせの原因とは?

日焼けや色あせの主な原因は、紫外線、蛍光灯、汗、排気ガス、洗濯、防虫剤です。


<紫外線・蛍光灯>

長時間紫外線を当てると、素材そのものや染料と化学反応が起き、色素が壊れていきます。直射日光だけではなく、照り返しの光や窓越しの光、蛍光灯にも注意が必要です。


<汗>

汗がついた服をそのまま放置すると、汗に含まれる水分や塩化ナトリウム、尿素などの成分が染料を分解してしまいます。


<洗濯>

洗浄力の強い弱アルカリ性洗剤を使用していたり、蛍光増白剤と漂白剤を配合した洗剤を使用すると、色の濃い衣類の場合、色あせする可能性があります。


<排気ガス>

排気ガス(酸化窒素ガス)の影響で化学変化が起き、染料が分解されます。酸化窒素ガスはストーブの使用時にも発生するため気をつけましょう。


<防虫剤>

別の種類のものを一緒に併用すると、発したガス同士が化学反応を起こし、色あせを引き起こすことがあります。

3:日焼けした洋服の直し方は?

日焼け・色あせした洋服を完全に元通りにすることはできませんが、以前の姿に近づけることは可能です。以下の方法を試してみてくださいね。

①自宅で染め直しをする

ホームセンターや手芸店、オンラインショップで自宅用の染め直しグッズが多数販売されています。

広範囲を染め直したい場合は、家庭用染色キットを使うのがおすすめ。色止めのあるものを購入してください。

狭い範囲での色あせを修復したい場合は布用染色ペン、布絵の具を使うと良いでしょう。

自分で低価格かつ簡単に染め直すことができるのは大きな利点ですが、物によっては色落ちしやすかったり、手間がかかるといったデメリットもあります。


②クリーニング・専門店で染め直しをする

衣類の色褪せや変色を確実に修復したいときには、染め直しサービスを利用しましょう。クリーニング店の場合対応していないお店もあるため、「染め直しサービスがあるかどうか」また、「染め直しができる状態であるか」を必ず確認しておきましょう。なお、染め直しサービスは手作業となるため、通常のクリーニングよりも費用と時間がかかります。

ちなみに黒染め専門店等、衣類全体を別の色に染め直す方法もあります。合わせて検討してみるのはいかがでしょうか。



4:日焼け防止のためにできることって? 

日々のお洗濯の習慣を変えることで、日焼けや色あせを事前に防ぐことができますよ。

①蛍光増白剤フリーの洗剤を使用する

洗濯洗剤には蛍光増白剤という衣類を白く見せるための成分が含まれている物もあります。しかしこの成分は、色が褪せる原因に。白物だけに使うのが良いでしょう。

特に色落ちしやすい濃色の衣類には、中性洗剤やおしゃれ着用洗剤を使用してください。

また、衣類同士が擦れて色落ちしてしまう可能性があるため、洗濯ネットに入れたり、裏返しにして洗うようにしましょう。


②部屋干しにする

紫外線による衣類の変色を予防するために、外干しではなく部屋干しをするのがおすすめです。


陰干し、且つ裏返して干す

外で干す場合は日陰で、且つ裏返して干し、乾いたらすぐ取り込むようにしてください。

④長時間部屋に洋服を放置せず、クローゼットにしまう

室内でも長時間干したままにしておくと、変色してしまうことも。早めにタンスやクローゼットにしまっておくことで、衣類の色あせを防ぐことができます。

⑤ハンガーラックカバーを取り付ける

ハンガーラックに収納している場合は、直接蛍光灯の光が当たらないよう、カバーをかけておくと安心です。



5:まとめ

日焼け・色あせした洋服は、洗っても元に戻ることはありません。

原因となる紫外線、蛍光灯、汗、排気ガス、洗濯、防虫剤に十分に注意しましょう。

もし色あせしてしまった場合は、市販されている家庭用染色キット等で修復することも可能。

クリーニング店の染め直しサービスを利用するのも良いでしょう。

日焼けは事前に防ぐことができるので、中性洗剤を使う・部屋干しにするなどの対策をとっておくと安心です。

ちょっとした心がけで、お洋服は色あせ知らずに。是非参考にしてみてくださいね。




著者

Kazama

洗濯もライティングも絶賛修行中の元アパレル店員。
この情報もっと早く知りたかった!と、シミになったお気に入りの服を想いながら書いています。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。