サニタリーソープ(血液・タンパク質汚れ 専用洗剤)〜前編

こんにちは。

NOTESをご覧いただきありがとうございます。

 

今日はちょっと珍しい洗剤を紹介します。

 

頻繁に使うものではありませんが、あると確実に助かります!

 

 

<PRODUCT>

SANITARY SOAP(血液・タンパク質汚れ 専用洗剤)

 

 

みなさんも経験があると思いますが、”タンパク質の汚れ” って洗濯をしても落ち難いですよね。

 

“タンパク質の汚れ?” と思う方もいると思いますので、いくつか例を挙げると・・・・・・

 

『血液』 →  落ちにくい汚れ代表ですね。女性の方は特に ”経血のシミ” に困った経験のある方、多いのではないですか?しかも時間が経つと、もっと落ち難くなります。

『たまご』 → いわゆるたまごの黄身の汚れです。地味に手強いシミです。

『赤ちゃんの便』 → 赤ちゃんはミルクの時期は便が緩く、オムツから漏れることが多々あります。我が家も子供が小さい頃、何着もロンパースをダメにしました。。周りにもシミが落ちなくて悩んでいる方が多くいらっしゃいました。

 

 

というように ”タンパク質の汚れ” というのは身近にありながら、普段の洗濯ではとても落とし難い厄介な汚れです。お気に入りの1着を泣く泣くダメにした方も多いと思いますが、コレさえあれば怖くありません。

 

 

ということで、今回は血液の汚れで検証してみました。

 

 

使用した洗剤は3つ。

 

左から・・・

1. SANITARY SOAP(血液・タンパク質汚れ 専用洗剤)

2. DAILY SOAP(衣類用洗剤)

3. PRE SOAP neo(シミ抜き剤)

※それぞれ水250㎖に対して洗剤量を調節し、洗浄液を作りました。3番のシミ抜き剤は、直接塗布し5分おいてから水の中へ入れます。

 

 

使用したのは “汚染布”( EMPA-111血液で染色した布)と言われる、世界で標準的に洗浄力試験に使用される人工汚染布です。

 

入れた時点で、すでに右の PRE SOAP neo(シミ抜き剤)の汚染布に変化が見られますね。

 

さあ、結果はどうなるか・・・・

 

この結果は次回に!

 

 

SANITARY SOAP(血液・タンパク質汚れ 専用洗剤)

#DAILYCLEANERS  #タンパク質汚れ用洗剤  #アルカリ性  #浸けおき #血液