サンダルの洗い方を素材別に解説!汚れの予防方法や臭いのとり方についてもご紹介します。

春から秋口まで長く活躍するサンダル。明るいカラーや白物だと、特に汚れが目につきやすいものです。

サンダルは素足のまま履くため、汗の臭いが気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は素材別サンダルの洗い方や、臭いの取り方をレクチャーしていきます!

目次

  1. 洗う前に準備するものって?
  2. 素材別!基本の洗い方とは?
    1. ラバー(テバ、シャカ、クロックス
    2. 布製
    3. コルク
    4. 本革・合皮
    5. スエード・ヌバック(ビルケン)
  3. 汚れを予防する方法はある?
  4. 臭いのとり方が知りたい!
  5. まとめ

1:洗う前に準備するものって?

基本的には、

・歯ブラシ(靴ブラシ)

布巾orタオル

・衣類用中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)

・メラミンスポンジ(激落ちくんなど)

の4点を用意しておくと安心です。


革や合皮など水洗い不可のものは、

・ブラシ

・革、スウェード用のクリーナー

布巾orタオル

を準備してください。


また、お手入れ後のために防水スプレーがあると◎。

2:素材別!基本の洗い方とは?

サンダルには様々な素材を使ったものがあります。それぞれの種類に合わせてお手入れの仕方を変えましょう。

1.ラバー(テバ・シャカ・クロックスなど)

◎手順

①洗剤を溶かしたぬるま湯でつけ置きする

水洗いしやすい素材のため、汚れが気になったら気兼ねなく洗ってOKです!

②歯ブラシやタオルでこする

③よくすすぎ、風通しのよい日陰で干す

2.布製

◎手順

①歯ブラシ(靴ブラシ)でブラッシングをする

先に不溶性の汚れを落とします。

②洗剤を使いながら、歯ブラシorメラミンスポンジでこする

色落ちする場合があるため、靴用もしくはおしゃれ着用洗剤(DELICATE SOAP / おしゃれ着衣類用洗剤)の使用がベターです。

③よくすすぎ、風通しのよい日陰で干す

◎注意点

装飾や異素材があるものは水洗い出来ません。固く絞ったタオルで叩く&軽く拭きましょう。

ウエッジソールの汚れのみであれば、同じ様に絞ったタオルで軽く拭いてください。

3.コルク

◎手順

①中性洗剤と少量の水で洗浄液を作り、歯ブラシorメラミンスポンジでこする

②絞ったタオルで水拭きし、風通しのよい日陰で干す

③乾燥後に、乾いた歯ブラシなどで軽くブラッシングする

コルクの風合いを復活させます。

4.本革・合皮

水洗いはNG。革専用のクリーナーでお手入れしましょう。または固く絞ったタオルで軽く拭いてください。

本革は乾燥に弱いため、水拭きしたあとは専用のクリームを塗ると◎。革が長持ちします。

5.スエード・ヌバック(ビルケンシュトック)

基本的に水洗いNGです。ブラシもしくは布巾で汚れやホコリを落とします。終わったらブラシで毛並みを整え、乾燥させてください。

スエード専用の消しゴムもあるため、活用してみるとよいでしょう。

※スエード→おもに豚革の裏側 ※ヌバック→おもに牛革の表側


3:汚れを予防する方法はある?

履く前や洗った後は防水スプレーをしてください。雨などの水シミだけでなく、汚れの定着も防ぐことができます。

レザー・ヌバック等はシミになる可能性もあるため、全体にまんべんなく吹き掛けましょう。※ヌバック等の専用スプレーもあります。

 

4:臭いのとり方が知りたい! 

嫌な臭いは足の皮脂汚れを原因とする雑菌から発生しています。履いた後は、汗や汚れをこまめに拭き取りましょう。

簡単なお手入れ方法としては、靴用の消臭スプレーを使うのも効果的です。

また、お茶パックなどに重曹を詰めて、サンダルの中に入れるのも一つの手。臭いを消すだけでなく除湿効果もありますよ。

もちろん、洗うこともニオイを取る手法の一つ。見た目も臭いのケアもできるため、定期的にお手入れをすることをおすすめします。


5:まとめ

サンダルの洗い方はとっても簡単。

まずは歯ブラシなどで軽くブラッシングをし、不溶性の汚れを落としましょう。

次に水洗い/濡らしたタオルで拭く/専用クリーナーで汚れを落とすなど、素材にあった方法でお手入れをします。

乾かす際は、直射日光の当たる場所を避け、風通しの良い場所で陰干ししてください。

仕上げに防水スプレーをかけることで汚れもつきにくくなりますよ。

汚れや臭いが気になりやすいサンダル。毎日気持ちよく履けるように、定期的にお手入れをしましょう!


著者

Kazama

洗濯もライティングも絶賛修行中の元アパレル店員。
この情報もっと早く知りたかった!と、シミになったお気に入りの服を想いながら書いています。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。