お洗濯情報

洗濯の『なぜ!?』を知ることで楽しくランクアップ ⬆


2022年 1月号

汚れを落とすだけじゃない。 知っているようで実は知らない『洗剤の働き』とは?

明けましておめでとうございます。本年もデイリークリーナーズを何卒よろしくお願い致します。

暦の上では小寒(しょうかん)となり、寒さも本格的になってきましたね。今回は初心にかえって、『洗剤』というテーマで書きたいと思います。

みなさん、洗剤ってどういうものかご存知ですか? そんなことを言うと「もちろん、洗剤は汚れを落とすものでしょ?」というツッコミが入りそうですが、実はそれだけじゃないんですね。

衣類には様々な種類の生地(繊維)が使われており、それぞれに特徴があります。例えば撥水・吸湿・速乾・摩擦に強い・保温・冷感などがあげられます。その様な生地(繊維)を洗う為には、洗剤のある重要な成分が欠かせません。

その成分とは聞いたことがある人もいると思いますが、私たちの生活の中でとても身近にあるマヨネーズや化粧品にも活かされている『界面活性剤』です。

次の項では洗剤の主成分である界面活性剤の働きについて紐解いてみます。

 

洗剤の主成分『界面活性剤』とは?

洗剤の主成分となる界面活性剤の分子構造は、上図のように水と油になじむ部分を持っています。通常、水と油は混ざり合うことはありませんが、この水にも油にもなじむ界面活性剤が作用することで、両者が簡単に混ざるようになるんですね。水と油の間を取り持つ立場となる訳です。

 

これを応用しているのが、マヨネーズです。マヨネーズは「お酢」と「油」と「卵の黄身」で出来ていますが、卵の黄身には界面活性剤と同じ働きを持つレシチンという物質が含まれており、そしてこのレシチンのおかげでマヨネーズが完成します。

衣類の汚れの大部分は皮脂という油汚れです。これを水で落とす為には、この働きがとても重要になるんですね。

 

 では次からはお洗濯に重要な主な働きを一つずつご紹介したいと思います。

 

汚れを落とす仕組み

①浸透・湿潤作用

汚れは繊維の表面や隙間に入り込んでいます。ということは、しっかりと汚れを落とすには洗濯物を充分に濡らし、繊維の間に水をしっかり浸透させる必要があるということです。

つまり浸透・湿潤作用とは、洗濯物を洗浄に適した状態にする、下準備の役割ということです。

②乳化作用/可溶化作用

 水と油を混ぜても分離してしまいますが、界面活性剤の分子によって油汚れ(皮脂汚れ等)を包み込み、水と油が混ざり合い牛乳のように白く濁ります。これを乳化と言います。

乳化している状態で、界面活性剤を追加し濃度を高めていくと、徐々に油性成分が水に混ざり透明な状態になりますが、これを可溶化といいます

保湿成分等がある透明な化粧水は、この作用を応用しているんですね。

 

③分散作用

例えばススのような固体の粒子を水に入れて攪拌した場合、ススは混ざり合わずに表面に浮かんでしまいます。

しかし界面活性剤を加える事により、油汚れ(皮脂汚れ等)と同様にススの粒子が界面活性剤の分子に包み込まれ、水中に均一に散らばり水となじみやすくなります。

この作用で洗濯物から安定的に汚れを水中に引き出すことに繋がるんです。

 

④再汚染防止作用

前で説明した浸透・湿潤作用 / 乳化・可溶化作用 / 分散作用が、総合的に作用して汚れを落としたとしても、水中で再び付着してしまっては意味がありません。

つまり、とても汚れている衣類から出た汚れが、そんなに汚れていない衣類に移ってしまっては、お洗濯が台無しになるということです。

この再汚染(再付着または逆汚染)防止作用というのは、繊維や汚れの表面を界面活性剤の分子で取り囲み、水中に分散した汚れを再び繊維に付着する事を防ぐ作用を言い、この特性があることによって、衣類の黒ずみを防いでくれる大事な働きなんですね。



まとめ

いままでに界面活性剤の作用を上げましたが、このような働きが充分に発揮されるには、濃度が重要となります。界面活性剤は、ある濃度になると界面活性剤の集合体(ミセル)というのものを作ります。

このミセルがあることによって汚れを取り込む力(洗浄力)がアップします。よって洗剤の使用量の目安に従って使用することが大切です。

※規定の量以上に入れたとしても、洗浄力は決してアップしません。逆に成分が衣類に残りやすくなり、その成分が菌の餌にもなってしまいます。また成分が蓄積することで、その成分自体が臭いの原因になる可能性もありますので、ご注意ください。

 

次号は、『汚れをもっと落とすコツ』をテーマにアップしたいと思います。

 

 


2021年 12月号

気温が下がり、空気が乾燥する冬、それは生乾き臭(部屋干し臭)が発生しやすい季節が到来したということ。

秋が過ぎ去り、あっという間に季節が冬に変わってしまったこの頃。朝晩の気温がぐっと下がり、空気も乾燥していますよね。『空気が乾燥しているから、洗濯物が乾きやすい!?』と思っている人もいるのではないでしょうか?

答えは『NO』です。洗濯物を乾かすためには、『温度が高く、湿度が低い』状態がベスト。温度が高いと、空気中に取り込める水蒸気の量が多いため洗濯物が乾きやすいのです。

ちなみに梅雨の時期は気温が高いのですが、湿度も高い状態なので、洗濯物が乾きにくいんですね。冬は空気が乾燥していますが、気温が低いため空気中に水蒸気を取り込める量が極端に少なくなっているので、乾きにくいんです。

となると問題になるのは・・・もちろん生乾き臭(部屋干し臭)ですよね。臭いが発生する理由はいくつかありますが、今回は臭いを発生させない方法や、除去する方法をお伝えしたいと思います。

※気温とは外気温をさし、温度とは室内温度をさします。

 

生乾き臭の原因は?

 生乾き臭(部屋干し臭)の原因となるのは細菌です。その菌はモラクセラ菌と言い、花王と愛知学院大学の研究により突き止められました。

モラクセラ菌は皮脂などの汚れや水分、すすぎ不足によって残ってしまった洗剤カスを餌として繁殖します。そしてその菌が繁殖した際に排泄する代謝物が臭い元になります。代謝物とは糞にあたり、いわゆる『モラクセラ菌のウンチ』が生乾き臭(部屋干し臭)の原因になります。

さらにモラクセラ菌が厄介なところは、一度繁殖した状態になると普通の洗濯では取り除くことができないということ。しかも乾燥や紫外線に強い性質を持っているので、日光で乾燥させた後も衣類の中に潜んでいます。そして服を着た際につく汗や皮脂をエサにして菌が再び増殖し、繰り返し臭うんですね。。

では、次は嫌な臭いを発生させないコツを説明します。

 

衣類を臭わせないコツ

嫌な臭いを発生させないコツはとてもシンプルで、汚れを全て落とし切ることです。つまり時間と手間をかけて洗濯をすること。でも忙しい毎日に時間を掛けてしっかりとした洗濯なんて、ちょっとハードルが高いですよね。

そんな時は以下のポイントに気をつけることで、生乾き臭(部屋干し臭)の発生を防ぐことができます。

✓洗剤・柔軟剤は使いすぎない

洗剤や柔軟剤を規定の量以上に入れたとしても、洗浄力は決してアップしません。逆に成分が衣類に残りやすくなり、その成分が菌の餌にもなってしまいます。また成分が蓄積することで、その成分自体が臭いの原因になる可能性もあります。

 

✓すすぎの回数や水量はたっぷり

洗剤や柔軟剤ばかりに注目されがちですが、実は大切な工程が『すすぎ』。洗いは汚れを繊維から剥がす工程、そしてすすぎは剥がした汚れを綺麗な水で薄めて排出する工程です。 
また、すすぎの最後の工程で投入される「柔軟剤」。この柔軟剤は洗剤とは逆で、衣類に成分を残す働きがあります。すすぎで汚れが上手く排出されないと、成分と一緒に汚れも衣類に残してしまうんですね。つまりすすぎはたっぷりの水量で行い、最低でも2回以上することが良いでしょう。

 

✓洗濯物を干す間隔をあける

生乾き臭(部屋干し臭)について『5時間以内』というキーワードがあります。モラクセラ菌は5時間が経過してから爆発的に繁殖し始めます。つまり洗濯が終わってから乾くまでの時間が5時間以内であれば菌が繁殖せず、生乾き臭(部屋干し臭)が発生しにくくなるということです。衣類を干す時は間隔をあけて、扇風機やサーキュレーター等を併用し早く乾かしましょう。
※窓際は結露や空気が滞留しやすいので、干す時は部屋の中央付近が良いでしょう。

 

✓モラクセラ菌を除菌する

皮脂汚れや洗剤カスが残ってしまったり、5時間以内に乾かなかったとしても、臭いの元となるウンチをするモラクセラ菌自体がいなければ、生乾き臭(部屋干し臭)は発生しません。その為には、菌をしっかりと除菌することがポイントです。除菌する方法は、漂白剤でつけ置きや煮洗い、高温の乾燥等があります。どれも効果的ですが、みな手間と時間がかかるものばかり。さらにデメリット(色あせ・色落ち・縮み等)がありました。

そこでデイリークリーナーズが開発した商品が『洗濯除菌剤』です。 

いつものお洗濯にプラスするだけで、簡単に強力除菌が可能になりました。さらに衣類の臭いだけでなく、洗濯槽のカビを除菌する効果もあり、掃除が面倒だという方でも清潔な洗濯環境を維持することができるんです。

 

まとめ

冬は梅雨と同じ様に、部屋干しをする機会が増える季節です。上記の方法を実践して是非、快適な洗濯ライフをお過ごしください。

 


2021年 11月号

セーターが恋しくなる季節が到来、
定期的なケアと、手軽でかさばらない収納方法が◎

10月は残暑が厳しく全国的に夏日を記録した日が続きましたが、最近は本格的に涼しくなり、ようやくセーターが主役となる季節になってきました。セーターに使用されている生地(ニット)はとても暖かく、便利なアイテムですが難点としてはクローゼットの中でかさばる事と、洗うタイミングが分かり難いこと。今回はその解決方法をお伝えしたいと思います。

洗うタイミングはいつ?

着用する度に洗うことはNGですが、とはいえ秋冬は意外に汗をかきやすいもの。汗がついたままの状態も生地には良くありません。普段はブラッシングやスチーマーなどでケアをして、定期的(2~3週間に一度)に洗濯をして、連続して着用しない。これが長持ちさせる秘訣です。

>洗濯方法はこちら

収納方法はどうしたらいい?

厚手(ローゲージ)のセーターは自重で襟首や袖が伸びやすいので、ハンガーではなく畳んで収納することがおすすめです。薄手(ハイゲージ)であれば、専用のハンガーを使えば問題ありません。ただし衣替えの時にはセーター類は全て畳み、防虫剤と合わせて収納しましょう。また、収納前には見た目が汚れていなくても必ず洗う or クリーニングに出しましょう。


2021年 10月号

大切な衣類を長持ちさせる秘訣、
それは衣替えをする前に必ず『しまい洗い』をすること。

今月からスタートしましたデイリークリーナーズの # お洗濯情報。
毎月季節や時事ネタに合わせたお洗濯の情報を発行していきますので、よろしくお願いします。今年は各地で猛暑日を記録した夏でした。コロナ禍でマスクの着用と相まって汗だくな毎日。そんな汗や皮脂汚れがたっぷり付着した夏物衣類ですが、普段と同じ洗濯をしただけでクローゼットにしまっている人はいませんか?
夏物衣類には、肌に触れることが多く目に見えない汗・皮脂汚れが残りがちです。気がついたらクローゼットにしまっていたTシャツやシャツの襟が黄ばんでいたという経験がある人は多いのではないでしょうか? その黄ばみは正に汚れ(皮脂・汗)が残っていた証拠です。こんなことが無い様に、衣替えをする前には、見た目が汚れていなくても必ず『しまい洗い』をしましょう。