【ブラジャーの簡単な洗い方】毎日のルーティンにして長持ちさせよう!

ワイヤー入りのブラジャーの洗濯方法について、結局どのようにしたらいいの?と、悩む方は多いと思います。

今回は、ブラジャーを簡単に洗うことができる基本的な洗い方をご紹介します!

目次

    1. ブラジャーを洗う前に、洗濯表示を確認
    2. ブラジャーの洗い方の基本
    3. どうしても洗濯機で洗う際に、気をつけること
    4. まとめ

1.ブラジャーを洗う前に、洗濯表示を確認

ブラジャー問わず、衣類を洗濯する前に、必ず確認してほしいものが「洗濯表示」です。

ブラジャーなどのデリケートな素材を使用しているものはだいたい手洗い推奨なので、その場合は、洗濯桶の中に手が描かれたマークがついています。

ワイヤー、レースやビジューなどの装飾が使われておらず、型崩れしにくいブラジャーなら洗濯機が使用できる場合もあります。同じブラジャーでも、素材やデザインごとに洗濯表示が異なるので、必ずチェックしましょう。

2.ブラジャーの洗い方の基本(手洗い)

基本的にワイヤーやレースやビジューなどの装飾があるブラジャーは、手洗い推奨です。そのようなブラジャーを洗濯機で洗い続けると、以下のような影響が起こってしまいます。

  • ブラジャーのワイヤーが歪む
  • ブラジャーのワイヤーやボーンが飛び出す
  • レースが傷む
  • 洗濯や脱水時の遠心力で生地が劣化する

洗濯機でのお手入れは、せっかくの可愛らしいデザインのブラジャーをすぐダメにしてしまうことになります。

手洗いは、面倒なイメージがありますが実はとっても簡単です。

以下の手順で「手洗い」でのお手入れをしてみましょう。

<準備するもの>

<洗い方> 

①下着用洗剤をティースプーンで適量すくい、ぬるま湯で溶かす

ぬるま湯の水温はタグの洗濯表示を確認しましょう。洗濯表示より高い水温で洗うと、色落ちする可能性があるので注意が必要です。

②ブラジャーのカップ内側からパッドを取り出す

取り出す際は、パッド口を伸ばさないように注意してください。

③フックを留める

手洗いの際に生地を傷めないようにするためです。

④ブラジャーを裏返して、ブラジャーを洗濯液に浸す

裏返すことで、皮脂や汗の汚れが取れやすくなります。

⑤汚れがつきやすいバック部、ワイヤーループ、テープ部分を中心に洗う

取り出したパッドも揉み洗いしましょう。手洗いが終了したら、すすいでください。

⑥すすぐ

洗面器(洗面所)に溜めて洗っていた洗濯液を捨て、新しいぬるま湯を入れてすすぎます。ブラジャーやパッドから泡が出なくなるまで、お湯を交換しながら優しく揺らすようにすすいでください。

⑦干す

裏返しにしていたブラジャーを元に戻します。パッドは軽くしぼり、ブラジャーは形が崩れないように気をつけながらタオルで水気を取りましょう。

ハンガーを使って干す場合は、ブラジャーを逆さまにし、アンダー部分を洗濯バサミではさんで、風通しの良い日陰に干すと◎

3.どうしても洗濯機で洗う際に、気をつけること

長持ちさせるには手洗いがマストですが、どうしても洗濯機で洗うシチュエーションもあると思います。

ブラジャーを衣類と一緒に通常モードで洗うと、他の衣類との絡まりや、重みによってワイヤーが寄れたり、飛び出しの原因となります。

長持ちさせるのであれば、デリケートコースでクッション入りのブラジャーのサイズにあった洗濯ネットを使うのが良いでしょう。

サイズにあったネットを使うことは、毛玉を防ぐ効果もあり、クッションは他の衣類との摩擦・重なり時の重みを軽減してくれます。

加えて、ホックなどの付属品は引っかかりの原因となるので、洗う際はしっかりと閉じましょう

4.まとめ

今回は、ブラジャーの洗い方の基本をご紹介しましたがいかがでしたか?

一見面倒な気がしてしまう手洗いですが、入浴時のルーティンにしてしまったりすることで意外と簡単にできてしまいます。

お気に入りの可愛いブラジャーを長持ちさせるためにも、ぜひ実践してみてください。

著者

NatsumiKawai

普段はバックオフィスのお仕事をしながら、旅行記事を中心にライターとしても活動中。洗濯についてはまだまだお勉強中です。

監修者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。