スーツの寿命がこれで変わる?長持ちさせるお手入れのコツ

着ただけで身が引き締まるスーツ。ビシッと決めたい時にはやはりスーツが一番です。

冠婚葬祭やビジネスなど、多種多様な場面で必要になるものでもありますよね。

 

活躍するシーンがとても多いアイテムですが、ウールなどのスーツは手軽にお洗濯が出来ないところがデメリット。かといって毎回クリーニングに出すのも面倒だし、財布にも優しくない。

今回はそんなスーツの手軽に出来て、長持ちさせる日々のお手入れ方法を紹介したいと思います。


スーツは日頃のお手入れが大事

様々な素材のスーツが世の中にはありますが、その中でも一番の主流はウールです。

程よく光沢があり高級感を演出してくれて、夏は涼しくて冬は暖かい。シーズンに関係なくスーツにはウールが広く採用されています。

しかしながらこのウールのスーツ、簡単に洗えないのが悩みどころ。ということで日頃のお手入れがとても大事になってきます。

スーツは1日着用しただけでも意外とダメージを受けやすく、連日着用すると型崩れし易くなるんです。また汗やホコリが付着して傷みの原因となってしまいます。

その為、スーツを連日の着用することは控えてください。そして、着用したら、必ずお手入れしてから仕舞うことを忘れてはいけません。


スーツのお手入れ方法

では着終わった時に何をしたら良いか、ポイントをまとめて説明したいと思います。

スーツ用のハンガーに吊るす

<ジャケット>

スーツをハンガーにかけて休ませる時、肩の厚みが狭いハンガーは型崩れの原因となるのでおすすめ出来ません。肩の厚みがしっかりとあるものや肩のラインにあったハンガーを使って保管しましょう。

※この時にハンガーの素材を木製のものにしておくと、木が湿気を吸収してくれるのでおすすめです。

またハンガーに掛ける時、ジャケットのボタンを留めてはいけません

スーツは人の身体に沿うように立体的に作られています。ボタンを留めた状態でハンガーに掛けてしまうと、型崩れやボタンホールの傷みの原因となってしまいます。ポケットに入っているモノも負荷をかけるので、出しておきましょう。

 

<スラックス>

クリップ付きのハンガーを使い、裾を上にして吊るす方法がおすすめです。

スラックスは着用後に膝が出てしまったり、お尻や膝の裏部分にシワが多く入ります。

この吊るし方で保管すると自然にシワが伸びるので、おすすめです。シワが多い時は霧吹きで湿らせたり、シワ取りスプレーを活用すると◎です
※長期保管する場合は、裾を下に吊るして保管しましょう。

 

ブラッシングをする

パッと見だけでは分かりませんが、1日着用するとスーツには意外とホコリやチリが付着しています。その汚れを放置しておくと汚れが蓄積し、雑菌の温床となってしまいます。

その為、ブラッシングをしてスーツをお手入れする事は、とても効果的なメンテナンス方法です

ブラッシングの方法は、まず繊維に逆らうようにブラシを軽くかけます(逆目)。こうすることで繊維を起こし、ホコリやチリを掻き出します。力を入れすぎると生地を傷めてしまうので注意しましょう。 次に繊維に沿って(順目)ブラッシングして毛並みを整えて完成です。

特にスラックスの裾は汚れやすい箇所なので、念入りにブラッシングすることを心がけましょう。

 

DAILY BRUSH / 衣類用ブラシ(静電気除去機能付)

防臭抗菌機能もある静電気除電繊維を良質の馬毛とブレンドした高機能ブラシ。静電気を除去することにより、花粉やホコリの付着を抑えることが出来ます。

 

アイロン・スチームをかける

もし臭いがついてしまったら、アイロンやスチームが効果的です。シワも取れますので一石二鳥。アイロンをかける場合は、設定温度に気を付けながら当て布を使って行いましょう。当て布を使わずにアイロンをかけてしまうと、アタリが出てしまう可能性がありますので、注意しましょう。

スラックスのお尻部分が摩擦でテカっていたら、このスチームを使ってアイロンをかける方法で多少テカリを抑えられます。

 

消臭剤を使う

この方法は最終手段となります。なぜなら消臭剤を使うことで効果がありますが、成分を生地に残す方法なので生地自体には当然良くありません。

あくまで一時的な方法としてご参照ください。

 

DAILY DEODORANT / 衣類用消臭剤

植物由来成分(でんぷん)を使用した自然派な強力消臭剤。小さなお子様、ペットがいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

 

スーツの保管方法

お手入れが終わったら、風通しの良い場所で保管しましょう。クローゼットを整理しておくことも、風通しと良くするためには大切なことです。案外見落としがちですので、一度整理してみましょう。

また直射日光の当たる場所は色褪せ、変色、生地の劣化につながりますので絶対にNGです。

そしてカバーを使う場合は不織布や防虫カバーをかけるのが良いでしょう。クリーニングから戻ってくるビニールを使って保管すると、通気性が悪くカビの原因となりNGです。

シーズンが終わり衣替えをする時は、最後にクリーニングに出して不織布でカバーして保管しましょう。

 

宅配衣類ケアメンテナンス3点セット

衣類をクリーニングに出したいけれど時間がない、面倒だ…。そんな方におすすめなのが、衣類を詰めて発送するだけでケアメンテナンスが受けられるセット。専用マシーンで1着ずつ施術し、衣類へのダメージを極限にまで抑えたメンテナンスで、大切な服をやさしくきれいにすることができます。

 

まとめ

着用シーンの多いスーツ。安い買い物ではないので、出来るだけ長く着たいものですよね。

長く着るためには日頃のお手入れが大事です。逆に言うと、日頃のお手入れを怠るとスーツの寿命を縮めてしまうことになります。

少し手間ですが、やるとやらないでは後で大きく違いが出てきます。

是非、習慣にされてみてはいかがでしょうか。

著者

w_mashimo

クリーニング事業用の機械・洗剤・備品を扱うクリーニング機材商の(株)光栄産業にて勉強中。2014年に長く従事したアパレル業を辞め転職。家庭用向けケアブランド 『DAILY CLEANERS & CO-』も運営。
酒と肴をこよなく愛しています。一猫一女と日々格闘中。